銀行カードローンの優れているところ

カードローンは一つではなく、種類としては消費者金融系カードローンと銀行カードローンというものに分けることができます。

今回は銀行カードローンのより優れている部分について紹介をしていきたいと思いますから、カードローン利用をお考えになっている方はどうぞ一読なさってみてください。

今すぐお金を借りることができるとは難しいことだと考えている方々が多いと思いますが、現在ではインターネットのWebサイトから申し込むだけで、スピード審査及び即日に融資してくれるなど、スピーディーに融資対応しているカードローン業者が数多く存在します。
出典:銀行カードローンの審査・金利より

銀行カードローンは利息が非常に安く、さらに限度額もかなり高いので、長期間借り入れ、高額借り入れにかなり適していると考えることができるでしょう。
金額が大きかったり借り入れ期間が長くなってしまうと、かなり利息の差というものは大きくなってしまいます。

ですからここはかなり重要なポイントだと言えるのではないでしょうか。
このように、銀行カードローンは利息と限度額の面で消費者金融系カードローンよりも優れていますので、カードローンを利用したいと思ったらこちらを利用なさってみてはいかがでしょうか。

そうすれば、とても快適に利用できるのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンで融資

銀行系の中でもみずほ銀行は最大手であり、安定した経営をしていますので安心して利用できるものであり、お金に困ってしまったときには利用したいカードローンです。

みずほ銀行のカードローンは即日にも対応していますので緊急事態には利用したいですし、また限度額が1000万円というのも大きな魅力です。

申し込み方法としては4つあり、モバイルやパソコンなどのインターネットでのもの、そして郵送、電話、最後に窓口です。駅前などに支店を構えていることが多いので直接話し合って融資の話を進めることを好む人も多いですし、ネットだけで申し込む人もいます。

申し込む際にはみずほ銀行の普通預金口座が必要になりますので、事前にこの口座を持っていれば審査手続きも早いです。
持っていないならば新しく口座を作ることが求められます。

即日での融資を受けるにはすでに口座を持っていることや、融資額が200万円以下であること、カードローン契約時に、「キャッシュカード兼用型」を選択することなどが関係してきます。

銀行カードローンは手軽で簡単に契約手続きができる

銀行というと手続きが難しいと思うかも知れません。

でも最近の銀行カードローンは、本当に借り入れが楽になっています。
パソコンで24時間365日いつでもネット申し込みができます。
来店不要なので面倒もなく人目を気にしなくて済みます。保証人や担保も必要ありません。

限度額300万円までは収入証明の提出も不要です。
本人確認書として、免許証や保険証などがあればOKです。
つまり銀行カードローンは限度額300万円までなら運転免許証1枚だけで契約することができるのです。

消費者金融の場合は限度額50万円を超えると収入証明の提出が必要となり、手続きが面倒になります。
50万円と300万円では大きな違いといえます。

また審査条件も満20歳以上65歳以下で本人に安定した固定収入があり、銀行の基準を満たしていれば借り入れ可能です。
正社員でなくてもパートやアルバイトでも条件を満たせば申し込みできます。

以前は何となく消費者金融の手続きの方が簡単なイメージもありました。
でも最近は銀行カードローンもとても気軽で簡単に手続きできるのです。

銀行系カードローンの審査に関して

銀行系カードローンというと、審査が厳しく時間もとてもかかってしまうと思われている方も多いのではないでしょうか。

確かに、イメージとしてはそういったものがあるのも仕方がないと思いますが、実際のところこの銀行系カードローンの中にも、審査が比較的気軽にできるものもあります。

例えば、審査が最短で30分程度でできる銀行系カードローンもありますし、こういったものであれば申し込みをしてすぐに利用をするということができるでしょう。

審査が甘いものというのはありませんが、それでも審査に通りやすくなるコツはありますから、その点についても簡単に触れていきたいと思います。

まず、カードローンは複数申し込みをしないようにしましょう。
また、嘘の報告だったり、必要事項の記入ミスなどをしないということも心がけるようにしましょう。

これらのことを気をつければ、多くの人が銀行系カードローンを利用しやすくなると言えるのではないでしょうか。

カードローンの繰り上げ返済の注意点

カードローンの返済は、通常、毎月の返済約定日が基本です。
その日に決められた金額を返さなければなりませんので、口座の残高不足などには気を付けなければなりません。

しかし、約定日以外にも返済が可能な金融機関は多いです。
それが繰り上げ返済とか臨時返済と呼ばれるものです。
お金に余裕がある時は積極的に返済すれば、利息の節約にもなるのです。

ただし繰り上げ返済は、全ての金融機関で無条件に認められているわけではありません。
中には手数料の支払いが必要になる金融機関もありますので、その点は事前確認が必要です。

それに繰り上げ返済でどんなに多目に返したとしても、翌月の返済約定日の支払いが減額されたり先延ばしになってくれるわけではありません。
約定日は約定日として返済しなければなりません。
それを忘れないようにしましょう。

それから繰り上げ返済は、くれぐれも無理をしてはいけません。
そもそも返済とは無理なく余裕をもって行うべきものです。
それが基本です。その基本は約定日の返済でも繰り上げ返済でも変わりません。

より身近な存在に

どちらかというと消費者金融に対してあまり良い印象を持っていない人が多いと思います。私もその一人でしたが、一度利用したことがきっかけで、その印象は大きく変わりました。

今では各社こぞってCMで有名俳優さんを起用していますから、とても親近感がわきますし、街のあちこちに有人・無人の店舗やATMが設置されているので、より身近な存在になりつつあります。

一昔前の消費者金融のイメージはこれだけで大きく変わったのではないでしょうか。
(ちなみに私はCMが大きな後押しとなり、利用することに踏み出しました。)

それに加え、今では各種通信機器が普及したことで、かなり手軽に手続きが完了するようになり、多くのケースで対面の手続きを必要としないようです。

また、審査や融資までの時間も非常にスピーディーで即日に現金を手にすることができてしまいます。

これはお金を必要としている人にとってはこの上ないサービスであり、利用者増加の大きな要因ではないでしょうか。